【糸井さん】やさしく つよく おもしろく 


糸井さんのこの言葉が心に響いた。

スタッフ全員が新しいアイデアを
こんな感じで育める会社でありたい。



糸井:やさしくありたいんだな、と。

   言葉としてすごく恥ずかしい。「愛を持って」と同じぐらい。

   色々な人に問いかけたら、必ず、やっぱり優しくされると嬉しいんです。

   ただ「やさしく」と言っといて、力にならないと困る。

   「やさしく」に対して「つよく」が要るんじゃないか。


   「やさしくよわく」でもろとも倒れちゃったらおしまい。


   「つよく」実行力。言った以上やる。つよくは必要。


   ずっと景色が同じだったらつまらない。「おもしろく」


   うちの社は僕が死んでから生徒手帳みたいなものが配られて

   やさしく つよく おもしろく 

   と書いてある。そういう会社であればいいのかな。

   僕がいなくなったら、優しくないこともあると思う。

   そういうときに開いて「やさしくだよ」

   「そうすると”つよく”に関わっちゃうんだけど」

   「そういう時は”やさしく”が上だよ」って誰かが言う。

   「そうか、わかりました。ちょっと弱くなるけど利益も出ません。」

    みんなで笑っておもしろくする。

   クジラに潮を吹かせるよりは、

   サンマをクジラの大きさまでにするとか

   口からでまかせでもいいんですけど、そういうアイディアが稼ぎ場所。


きびしく よわく おもしろくなくは
ダメ〜ダ〜メ。

http://ami-go45.hatenablog.com/entry/2015/02/01/081408 

 
#やさしくつよくおもしろく #糸井重里 

0 コメント: